演劇ユニット『SP@CE』

奈良で活動する演劇ユニット『SP@CE』の劇団員ブログ用ページです。 現在、劇団員(役者、裏方)募集中です!

Category: スポンサー広告   Tags: ---

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: 猪上   Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

オススメ戦争映画 Vol.4 『コルチャック先生』。

どうも、猪上です。

オススメ戦争映画、第4段は「コルチャック先生」です。

1990年、ポーランド。
原題「Korczac」。

実在したユダヤ人医師、ヤヌシュ・コルチャックを題材にした、アンジェイ・ワイダ監督のホロコースト映画。

映画自体は二時間前後くらいですが、全編白黒のせいか、実際の時間よりちょっと長く感じる気がします。

アンジェイ・ワイダ監督と言えば、「地下水道」や「灰とダイヤモンド」などで有名な監督ですが…正直、この「コルチャック先生」に関して言えば、映像の素晴らしさというのはあまり感じませんでした。

ラストシーンの演出は流石だなぁと思いましたが、それ以外に関しては、あまりピンとこないというのが正直なところです。

敢えて白黒にしているところから見ても、わざとそうしているのでしょうが…全体的に作りが古いです。

90年より遥か昔に作られたような印象を受けます。

それが良い意味でのレトロ感であるようには、あまり感じませんでした。

…個人的には、ですよ。

猪上は別に映画の専門家でもなければ、評論家でもないので。

「それは違うぜっ!」とか言わないで下さいね。

こういう、所謂、巨匠のような方の作品に難色を示すと、色々怒られそうで怖いですよね。

同監督の戦争映画で言えば、割と近年に上映された「カティンの森」も見ました。

カティンの森事件を扱った珍しい作品なので、興味深かったのですが…やはりこちらもそれほど特別な印象は受けず…。

猪上にはワイダ監督の作品が合ってないんですかね?

しかし…

「ならば、なぜ今回この作品を取り上げたのだ?」と、当然の疑問が沸きますよね?

それは、この「ヤヌシュ・コルチャック」という人物そのものの魅力…それに尽きます。

彼はユダヤ人の子供200人を守るために全てをなげうって尽くします。

「せめてコルチャック先生だけでも…」と先生を助けようとする知人たちの救いを「子供たちを置いてはいけない」と断って、子供と一緒にいることを選ぶ人です。

ストーリー序盤では、本当に素晴らしい人だと、ただそう思いながら作品を楽しんでいけるのですが…途中から「アレ?」と少し違和感を感じ始めます。

ユダヤ人の子供たちがドイツ軍の「選別」で連れていかれる時、知人のアーリア系の女性が、ユダヤ人の子供を「自分の子供だ」と言って匿ってくれます。

そして、コルチャック先生に「アーリア系に見える子供なら引き取れます」と告げるんです。

普通なら熱いハグでもして大いに感謝を示すところでしょう。

しかし、コルチャック先生は言います…「私たちに子供たちを『選別』しろと言うのか?ドイツ軍と同じように?冗談じゃない!」と断ってしまうんですね。

あれれ?となりませんか?

理由や経緯はどうであれ、子供の命を救えるんですよ?

そんな善意からくる救いの手を、コルチャック先生ははねのけてしまいます。

その他にも、先生や子供たちのために食料を用意してくれた資産家に「もっと多く期待していた。子供たちを救うのは貴方の義務だ」と言って、更に多くの食料とお金を要求したり。

「あれ?これは…ただの善人ではないのかな?」と思って見ていると、あるシーンに差し掛かります。

腕章をしていないコルチャック先生はゲシュタポに捕まりかけたところを昔馴染みの男に助けられます。

そして、その男に連れられて行った酒場は、ドイツ人と取引をして、ユダヤ人たちを食い物にしてるユダヤ人…密輸業者のような連中が集まる場所でした。

そこでコルチャック先生は、そんな連中からも、金を融通して貰うのです。

そこに乗り込んできたユダヤ抵抗組織を名乗る青年たちに「貴方のような人が、あんな奴らと何を話していたのですか?あなたには誇りがないんですか?」と罵られるのですが、コルチャック先生はこう即答します。

「ない。私にあるのは200人の子供たちだけだ」

…なるほどな、と。

つまり、この人は「善意」で子供たちを救っているわけじゃない。

この人は「子供たちを助けたくて仕方ないから」助けているんだ、と。

「善い行いをしている」なんて微塵も思っていないんです。

だから、自分を正義の人だとも思っていない。

だから、他人にどう思われようと、他人がどうしようと、ただ自分は子供たちを助けたくて仕方がないんだ…多分、コルチャック先生はそれだけを思って子供たちとともにあろうとしたのだと思います。

この「自覚のない善意」と言うのは、ひょっとしたら、何より最も純粋な善意なのかもしれない…これが、この映画をオススメした最大の理由です。

このヤヌシュ・コルチャックという人物を知るためだけでも、この映画を見る価値はあると思います。

スポンサーサイト

Category: 伊崎   Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

侵入成功★

危うく前の書き込みから一年経ってしまうとこでした…お久し振りです、イザキですm(_ _)m

お風呂でスマホを水没させてからパスワードがわからなくなったり、せっかく再度教えてもらったパスワードも何故か入力ミスでアクセス出来ず、ようやく今書き込みに成功した次第です(-_-;)



では今日の驚いたことをば…

出勤したら職場にいた6人、全員B型でした。



あ、面白くなくてごめんなさい。

それではまた…☆ミ




Category: 猪上   Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

謎の時間。

無駄に暇な時間。

何だかなぁ~。

商売っ気出すなら、対応とかちゃんとしてからにして欲しいですよね。

昔は良かった。

Category: 猪上   Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

オススメ戦争映画 Vol.3 『戦場のピアニスト』。

どうも、猪上です。

オススメ戦争映画、第3段は「戦場のピアニスト」です。

2002年、フランス・ドイツ・ポーランド・イギリスの共同制作。
原題「The Pianist」。

これも名作ですね。

ロマン・ポランスキー監督のホロコースト映画です。

前回の「スターリングラード」でも触れました、トーマス・クレッチマンがホーゼンフェルト大尉で出演しています。

主人公は、実在するユダヤ人のピアニスト、シュピルマン。

演じるのは、エイドリアン・ブロディです。

このエイドリアン・ブロディの演技が素晴らしいですよね。

「この人、本当に逃亡生活をおくってたんじゃないの?」ってくらいの好演でした。

この映画を見た後、エイドリアン・ブロディが出ていたという理由で、「シン・レッド・ライン」も見ました。

…まぁ、個人的には、そちらはあまりピンとこなかったのですが…。

「戦場のピアニスト」は前回、前々回に取り上げた二作品と比べても遜色ない名作です。

役者の素晴らしさもさることながら、ストーリーや演出が素晴らしいですね。

まず、この映画を見て、実話を元に作られてるとは思えないですよね。

「こんなことが本当にあり得たのか…」というのが最初の感想でした。

そして、演出面に関して素晴らしいのは、リアリティのさじ加減です。

この映画は本当にバランスが絶妙ですよね。

これ以上に過剰な表現にすると嘘臭くなるし、これ以上にライトにしてしまうと物足りなくなる…正に絶妙なさじ加減です。

作品の性質上、もっとヒロイックな作りにも出来たと思うんですよ。

「ピアノが弾きたいんだ!戦場にいても僕はピアニストなんだ!」…みたいな。

…まぁそもそもそんなアツいシュピルマンなんか期待してないよって話もありますが。

そういう、所謂、「お客さんのウケ」を盛り込まず作られたのは、やはり「本物の戦争映画」を作ろうとしていたからではないかと思います。

そして、珍しくも素晴らしいのが、この邦題ですよね。

「戦場のピアニスト」。

一見、普通に思えるのですが、なかなか秀逸なタイトルです。

主人公が「戦場」に放り込まれた「ピアニスト」なので、まぁそのままと言えばそのままなのですが。

この映画、シュピルマンがピアノを弾くシーンが、実はそれほど多くないんですね。

多少、ネタバレを含んでしまいますが…。

冒頭で2~3度、ホーゼンフェルトの前で1度、そして、最後に1~2度。

戦争が激化してから、戦争が終わるまでの間…つまり、この映画の本筋の部分においては、ホーゼンフェルトの前で1度弾いたのみなんです。

それ以外のシーンでは、基本的に強制労働をさせられているか、逃げ惑っているか、床に臥せっているかのどれか。

冒頭で「死ぬなら自分の家で死にたい」とか言っていたシュピルマンでも、いざ戦争が激化するとこんな感じなんです。

途中、1度ピアノを弾く真似事をしてみせますが、その他ではピアニストであることなど、遥か彼方です。

つまりは、そういう皮肉を込めての「戦場のピアニスト」なのかな、と。

シュピルマンほどのピアニストであっても、この戦時下においてはピアニストでいられないんだよ、という皮肉。

そうだとしたら、本当によく考えられた邦題だと思います。

また、この映画は「シンドラーのリスト」と同じか、それ以上に親切な映画なので、あまり戦争映画を見たことがない方にもオススメです。

ただ、戦争映画なのでちょっと過激なシーンもあります(※「スターリングラード」程ではない※)ので、その辺はご理解いただいた上でご覧下さい。




Category: 猪上   Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

オススメ戦争映画 Vol.2 『スターリングラード』。

どうも、猪上です。

オススメ戦争映画、第2段は「スターリングラード」です。

1993年、ドイツ。
原題「Stalinglad」。

一般的にスターリングラードと言えば、2001年ジュード・ロウ主演の方がすぐ思い浮かぶかと思いますが、今回オススメするのは、93年ドイツ映画、ヨゼフ・フィルスマイアー監督のスターリングラードです。

ジュード・ロウのスターリングラードも悪くはないんですが、とにかく「無駄なラブシーン」が鼻につきます。

こっちを好きな方、ごめんなさい。

本当にこの「無駄なラブシーン」と思わず「何?このお話ファンタジーなの?」って言いたくなるラストさえなければ、なかなかの良作だとは思うんですが…。

ジュード・ロウと、エド・ハリスの狙撃手のやり合いは、かなり熱いものがあります。

と言うか、正直、エド・ハリスがとにかく格好いい映画ですね。それが最大の魅力と言っていいと思います。



すいません、話が逸れました。

今回オススメするのは、タイトルが同じなだけで、内容は全く別の「スターリングラード」という映画です。

この映画はタイトルにある通り、ロシアのスターリングラードでの攻防戦を描いた作品で、猪上が今までに見た、東部戦線作品の中では最高の作品と言っていいと思います。

ただ…

「説明が少ないので、あまり戦争映画を見ない人には分かりにくい」

「極めてリアリスティックな作りなので、エンターテイメント性が薄い」

「字幕が下手すぎる」

…と言った難点もいくつかありますが、どれも作品としての評価を下げるものではないので、やはり名作と言って良いかと。

そして、何と言っても主演のトーマス・クレッチマンですよ。

トーマス・クレッチマンですよね。

「今、世界で一番ドイツ軍の軍服が似合う俳優(猪上調べ) トーマス・クレッチマン」ですよ。

本当に格好いい。最高です。

代表作は勿論「戦場のピアニスト」のホーゼンフェルト大尉。

この「スターリングラード」では主役のヴィッツラント少尉を演じているのですが…まぁとにかく格好いいです。

今から20年ほど前になるので、当時は30歳くらいだと思いますが…まぁこの頃から、軍服の似合い方が素晴らしいです。

そして、良い意味で「現実を知らない坊っちゃん少尉」感が出ています。

そんな、ヴィッツラントが廃れ、汚れ、絶望し、崩れ落ちていく様がどこまでもリアルです。

「ドイツ軍の敵はソ連兵の他にもいた。それは、病と極寒の大地だ」と言われる程の過酷さだったロシアの冬将軍。

その恐ろしさが嫌と言う程、詰め込まれています。

スターリングラードをテーマにする以上は、救いのなさが不可欠と言っても良いと思うのですが、その点でもこの作品は文句なしの出来映えです。

両軍合わせて、およそ200万人ほどの死者が出たとも言われる史上最悪の市街戦スターリングラード攻防戦…反戦映画の極みですね。

そしてそして、この映画の素晴らしいところは、「ドイツ兵にとってドイツ軍(或いはナチス・ヒトラー)が、ソ連軍以上の敵として描かれている」という点です。

…絶対そうですよね。

前線の兵士のリアルはこうだったに決まっています。

その他にもオススメポイントは山ほどあるんですが、あまり長くなりすぎてもアレなんで割愛させていただきます。

最後はこの作品の名台詞で締めたいと思います。

かなりの長文失礼しました。

「砂漠を知ってるか?クソ暑くて、全身が汗まみれになる。溶けるように暑い。…砂漠は最低だ。でも…砂漠で見る星は美しい。星に…手が届きそうだ。」



Category: 猪上   Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

オススメ戦争映画 Vol.1 『シンドラーのリスト』。

どうも、猪上です。

猪上のオススメ戦争映画、記念すべき(?)第1回目は、「シンドラーのリスト」です。

1993年、米。
原題「Schindler's List」。

あまり戦争映画に馴染みのない方でも聞いたことがあるんじゃないでしょうか?

スティーヴン・スピルバーグ監督の作品で、ホロコースト物としては、最も有名な作品の一つと言って良いと思います。

ナチス党員でありながら、数多くのユダヤ人の命を救った、オスカー・シンドラーという人物にスポットを当てた作品で、ほぼ全編白黒、実に200分くらいの長さがあるので、その時点で断念してしまっている方もいるかもしれませんね。

内容は戦争映画にしては、比較的地味な印象かもしれません。

所謂、ドンパチのシーンが殆んどないので、そういったシーンが苦手な方にも割と見易い作品ではないでしょうか。

なので、同監督の「プライベートライアン」等が好きな方にはあまりオススメしない作品と言えます。

この作品は、見ている200分の間に、登場人物の心情や信条がどんどん変わっていきます。

しかし、その移り変わりが極めて自然で、その中で変わりきれない信条や環境に揺さぶられている感情が分かりやすく描かれています。

ストーリー後半は感動必至…そんな作品です。

…うん。

ネタバレしないように語ると遠回しで伝わりにくいですね。

書けることも少なくなります。

このシンドラーという人は、杉原千畝と並べて語られることが多いですよね。

杉原千畝のことを「日本のシンドラー」と呼んだり、『いやいや、シンドラーが「チェコ(若しくはポーランド)の杉原千畝」と呼ばれるべきだろう』と言われたり。

「シンドラーのリストは嘘ばかりだ」なんて言われたりもしてますが…。

猪上はどちらもそれぞれで素晴らしい人物だと思うので、無理に優劣をつけたり、頑張って非難したりする必要はないと思うのですが…どうなんでしょうね。

日本人はどうしても杉原千畝贔屓になりがちな印象ですが…ドイツ占領下のポーランドにいるナチス党員が、ユダヤ人を助けるリスクや覚悟って凄まじいと思うんですよね。

そういう意味でもこの作品は…1度見ていただいて、他の色々なホロコースト映画を見た後、もう1度見ていただきたいな、と。

そうすれば、よりこの作品の良さが伝わるのではないかと思います。

Category: 猪上   Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

このページで出来る何か企画のようなもの。

どうも、猪上です。

さてさて。

本番まで2ヶ月を切り、稽古や裏方作業を進めていかなければいけないのは当然として…。

このページでも何か出来ないものかと。

しかし、まぁ、そんなに書くべきこともなく…どうしたものかと。

色々と試行錯誤しまして。



次回公演「ナツマチ」のストーリー紹介にもあるんですが、この「ナツマチ」というお話は、舞台が戦争中のお話なんですね。

そして、奇しくも今年は戦後70周年の年。

なので。

本番までに、猪上のオススメの戦争映画でも紹介しようかなぁと。

戦争映画…好きなんですよね。

まぁ、そうでもなきゃこんな話作らないというのもありますが。

Airflow時代にも「monochrome rainbow」という脱走劇をやったことがあったんですが、これも戦争映画(主にワルシャワゲットーのお話)なんかに触発されて作ったものでしたしね。

まぁ好きとは言っても、一つのジャンルとして好きなだけで、銃器や、戦車や、潜水艦や、戦闘機なんかは全く詳しくないです。

今までに見た戦争映画も、多分、50~60本程度なので、本当に好きな方とは比べるべくもないのですが…企画としては良いかなぁと。

次回更新から書いていこうと思いますので、興味を持たれた方は是非、チェックしてみて貰えると嬉しいです。

Category: 猪上   Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

本番までおよそ2ヶ月。

どうも、猪上です。

久し振りになった前回の更新で、次回公演の詳細を書かせていただいたわけなんですが…。

早いもので、もう本番まで2ヶ月を切りました。

2ヶ月なんてあっという間ですよね。

具体的に言えば、ざくっと60日くらいですよね。

急がないと、急がないと。

と言うわけで、知人の皆様方にはメールや、直接お伝えしたりと、少しずつ告知もしていっています。

メールの返信率が芳しくなくても気にしない。

辛くなんかない。

泣いたりしない。

皆さん忙しいんですよ。

時間が出来て、予定が分かればきっとお返事が届きますよ。

「予定が分かってから返事をしよう」という方も沢山いらっしゃるんですから。

忘れられたりなんかしてないって。

大丈夫、大丈夫。



ちなみに本気で落ち込んだりしてませんよ?

文面だと分かりにくいですが、ちょっとしたユーモアですからね。

本気にされた方から謝罪メールとか来そうなんで念のため。

ゆるりゆるりとお返事お待ちしておりますですよ。


Category: 告知   Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

演劇ユニットSP@CE 第二回公演 「ナツマチ」。

演劇ユニットSP@CE
第二回公演 『ナツマチ』


[脚本・演出]
猪上和宏


[日時]
7月4日(土) 18:00~
7月5日(日) 14:00~

(※各公演、開場は開演の30分前です。当日、交通機関の遅延などにより開演時間が遅れる場合がございます。予めご了承下さい)


[場所]
奈良市音声館2Fホール


[料金]
500円

(※前売、当日共に)



cast

伊崎祐加
猪上和宏
井上博仁
谷口美由紀


story

戦争の激化によって、
地下都市「underground」
…通称「アナグラ」に押し込められた人々。

そこで彼らは、いつやって来るとも知れない
終戦の日を待ち続けていた。

そんなある日、
「アナグラ」の住人である立花ユキが、
軍本部で偶然ラジオの放送を耳にする。
そのラジオから流れてきたのは…

『夏になれば、この戦争は終わる』

…というものだった。
それを信じ、彼らは「アナグラ」の中で『夏』を待ち続けた。

しかし、その日を待たず、立花ユキは謎の死をとげる。

そして、彼らの運命を大きく変える、事件の日がやって来た。





プロフィール

SP@CE

Author:SP@CE
演劇ユニット『SP@CE』

奈良で活動する演劇ユニット。
2012年6月、始動。


2014年5月 第1回公演「CONNECT」無事、終了致しました。
ご来場いただいた皆様、本当にありがとうございました。


2014年5月現在、次回公演に向けて、役者・裏方募集中です!
詳しくは、下記カテゴリ『募集要項』をご覧ください!

お問い合わせ
http://form1.fc2.com/form/?id=744030

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。