演劇ユニット『SP@CE』

奈良で活動する演劇ユニット『SP@CE』の劇団員ブログ用ページです。 現在、劇団員(役者、裏方)募集中です!

Category: スポンサー広告   Tags: ---

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: 猪上   Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

オススメ戦争映画 Vol.8『炎628』。

どうも、猪上です。

オススメ戦争映画、第8段は「炎628」です。

1985年、ソ連。
原題「ИДи и смотри」。

監督、エレム・クリモフ。

さてさて。「炎628」ですよ。

所謂、「良い話系」の作品ばかりを紹介するものだと思っていらっしゃいましたか?

いえいえ。

ここで登場、「炎628」です。

この作品…一般的には、はっきり言って無名な作品でしょう。

見たことがないという方は勿論、聞いたことすらないという方も多いのではないかと思います。

…まぁ、ここまで挙げてきた作品たちも割りとマイナーな作品が多数ありましたが…。

しかし、この映画…戦争映画好きな方々には割りとメジャーな作品だったりします。

どう有名かと言うと…

まぁ、とにかくエグいんです。

グロいシーンとかは、他の戦争映画に比べても、それほど多いわけではないのですが…何せエグい。

よくもまぁこれだけゲンナリする作品が作れたなぁと。

シナリオは勿論、演出も凄まじいです。

鬱戦争映画と言えば、この「炎628」と「ジョニーは戦場へ行った」の2作で決まりではないでしょうか?

あらすじを簡単に書きますと…

お話は二人の少年(その片方が主人公)が銃を拾うところから始まります。

銃を拾った少年は、親の反対を押しきって、意気揚々とパルチザン(抵抗組織のことです)に参加します。

しかし、パルチザンでは怪我人と子供は必要ないと、置き去りにされてしまうんですね。

置き去りにされた少年はとぼとぼと村への帰路につくのですが、そこで一人の少女と出会い、その少女を連れ、村へと帰ることになります。

しかし、村に帰ってみると…村はもぬけの殻。

人っ子一人いないのです。

そう。彼が村を離れている間に、村はドイツ軍に壊滅させられていたのです。

ドイツ軍が村を壊滅した理由は、その少年にありました。

冒頭シーンで少年が銃を拾っているところを、ドイツ軍の偵察機に目撃されていたのです。

それを目撃したドイツ軍が、反乱軍の村だ…ということで壊滅させたのです。

罪の意識に苛まれた少年は、パルチザンとして、残った村人(村から離れたところに生き残りがいたんです)たちのために働くことを決めるのでした…。

…とまぁ、始まりはこんな感じです。

ここまでも、かなりサラッと書いてますが、かなりパンチが効いてます。

ここから先はネタバレ有りで書いていきたいと思います。

ネタバレなしで語れる作品でもないので。







では。

村に帰ってきた少年と少女が、少年の家に残されていたスープを飲むシーンがあるのですが…

…もう…何か…このシーン見ると、暫くはスープ飲みたくなくなること請け合いと言いますか…。

イヤホンとか付けてると、蝿のブンブン飛び回る音が耳に残って仕方ないです。

その後も衝撃シーンの目白押しと言った感じです。

その中でも、最も衝撃的なシーン…多分、この映画を見た人なら、皆印象に残っていると思います。

食糧調達に出掛けた少年が途中、ドイツ軍に遭遇し、ある村に逃げ込みます。

しかし、運悪くその村は、ドイツ軍の襲撃を受けるのでした。

そのドイツ軍の襲撃シーンが…もう…。

「どうすれば人として最低に見えますか?」…という質問の模範解答のような残虐さなのです。

笑いながら村人を殺しまくるドイツ軍。射殺は勿論、燃やすわ、ひきずりまわすわ、挙げ句には車に張り付けて見世物のように冒涜するわ…もうめちゃくちゃです。

しかも、そのドイツ軍のなんと楽しそうなこと…。

そして、このシーンの見せ場…と言うか、メインになるのが…子供たちだけを詰め込んだ教会を焼き払う…というものです。

わざわざ、大人だけを外に出し、子供だけを焼き殺すのです。

そして、事が済んだドイツ軍たちは、これまた楽しそうに帰っていくのでした。

…この過激すぎるシーンが終わった後、深いため息が出ました。

何か色々と考えさせられます。

人はこんなに残虐になれるのか?

戦争という…所謂、「残虐であることの免罪符」のようなものがあれば、望んでこんなことをしてしまうのでしょうか?

…笑えるのか?

スクリーン越しでさえ、眉をひそめてしまうようなことを、どんな気持ちで笑いながらやってしまうのだろう。

多分、このドイツ兵たちも戦争中でなければ、普通の人なんだろうな…普通に可笑しいことで笑って、悲しいことで泣いて、許せないことで怒る…そんな普通の人なんだろう。

これは「シンドラーのリスト」でシンドラーがイザックに対して、アーモンのことを語っていた台詞だが…

「奴も戦時中でなければ、普通の男なんだ。戦争があんな男に変えたんだ」と、そんな感じのことを言っていました。

そして、こういったことを考えさせる映画こそが反戦映画と呼ばれ、一人でも多くの人に見てもらい、考えてもらいたい作品なのです。

表面上の残酷さだけに捕らわれず、作品の本質を感じ取ってもらいたい…そんな1作です。

そして、そして。

このシーンが終わったら、急速に時間が過ぎ、一気に終戦。

先程まで楽しそうに虐殺を繰り広げていたドイツ兵はパルチザンの捕虜に。

そこで捕らえられたドイツ兵の言葉が、上記のシーンにもかかってくるわけです。

「全ては子供から始まる。貴様ら劣等民族は皆殺しだ」と。

全ての始まりは子供である…であるが故のあの殺戮だった…と。

この後、主人公の少年は地面に転がるヒトラーの肖像画に銃弾を撃ち込みます。

銃弾を撃ち込む度に、ヒトラーの姿がどんどん巻き戻っていき…最後には赤ん坊姿のヒトラーになるのですが…そこで少年の指は止まります。

赤ん坊姿のヒトラーを撃てず、その場を離れ、パルチザンに加わり、森の中を歩くシーンで映画は終了。

このラストシーンの捉え方…猪上はこう感じました。

赤ん坊になったヒトラーを撃てなかったのは、ドイツ軍と同じになりたくなかったから…自分はドイツ軍のような真似はしない、という意思の現れから。

…だとは思うのですが…この映画、かなり感情的に作られている映画だと思うんですね。

ならば、「少年はあの場において、そこまで考えただろうか?」と。

少年は深く考えたわけではなく、ただ赤ん坊を撃てなかっただけなんじゃないか?

赤ん坊(とは言っても実際にいるわけではないですが)に向かって、引き金を引くことを少年は善しとできなかったのではないか?

そして、そんな少年の当たり前の倫理観と、笑いながら子供たちを焼き殺したドイツ軍との差を見せることによって、ナチスドイツの残虐性を浮き彫りにしたかったのではないかと思うのです。

戦勝国が作った映画で、これほどまでに嫌悪感を滲み込ませた作品も珍しいですよね。

多分、今、この映画を作れる国はないでしょうね。

ソ連だからこそ作れた映画…という気がします。良くも悪くも。

最後になりましたが、この映画の邦題「炎628」の628というのは、ドイツ軍が焼き払った村の数を表しているそうですよ。


スポンサーサイト

Category: 猪上   Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

オススメ戦争映画 Vol.7『1945戦場への橋―ナチス武装戦線―』。

どうも、猪上です。

オススメ戦争映画、第7段は「1945戦場への橋―ナチス武装戦線―」です。

2008年、ドイツ。
原題「Die Brucke」。

ウォルフガング・パンツァー監督作品…恐ろしくカッコいい名前の監督ですね。

これはとても位置付けが難しいのですか…まずこの作品は映画ではなく、ドイツの戦争ドラマとして、テレビ放送されたものです。

全編で90分という短さ、テレビ放送の戦争ドラマ、タイトルが「1945戦場への橋―ナチス武装戦線―」…これだけの要素が揃えば、まぁ十中八九駄作だろう、と。

これだけの情報では、お世辞にも面白そうとは言えませんよね。

ただ、この作品は良い意味で予想を裏切ってくれます。

名作!…とまでは言えなくても、間違いなく良作ではあると思います。

と言うのも、この作品…実はリメイク作品なんですね。

オリジナルは、1959年にドイツで製作された映画「Die brucke」…邦題「橋」という作品なのですが…まぁこれが正に名作という映画なわけです。

なので、このリメイク作品である本作が駄作であるはずは、まぁないわけですよ。

しかし、オリジナルの評価が高すぎるが故に、不当に低評価を受けている気がして仕方ないんですよね、猪上としては。

いやいや、良い作品なんですよ、これ。

確かに緊張感や演出面などを見ると、オリジナルには及ばない感じは否めないのですが、キャラクター一人一人の個性は本作の方がよく作り込まれていると思います。

映像もオリジナルが白黒であるのに対して、全編カラーで作られているため、遥かに見易い作りになっています。

…まぁ、そもそも、オリジナルと比べるのがどうかと…。

あの作品の醸し出す悲壮感は今の映画ではなかなか出せないと思うんですよね。

それなら、何故オリジナルではなくリメイク作品を取り上げたのか?…と言うとですね、それは今回の企画が「オススメ」戦争映画だったからです。

戦争映画を見慣れた方や、がっつり名作映画を見たい!という方にはオリジナルがオススメなんですが、やはり一般の方にはカラーでとっつきやすいリメイク版をオススメしたいなぁと。

あと、一般的な評価だけを見て「何だ、リメイク版は駄作なのか」と思わずに一回見ていただきたいと言うのもあります。

ざっとあらすじを書きますと…

敗戦間近のドイツで7人の少年兵が徴兵されます。

少年たちは戦争ごっこの延長で「国のために」と意気揚々と戦地へと赴きます(※この辺りはオリジナルとリメイクで若干の差があります。リメイクでは主人公があまり乗り気ではないです※)

しかし戦地では、既に敗戦間近であるドイツ軍は少年兵に与えるような任務など何もないのです。

そこで、上官が少年兵に与えた任務…「この橋を守れ」。

何の戦略的価値もない、明日には爆破されてしまう…そんなただの橋を少年たちは命がけで守り抜くのです。

その中で、少年たちはリアルな戦争の悲劇に直面していきます。

…とまぁ、もうあらすじだけで、とてつもない悲壮感が漂っているわけです。

そこで気になるのは、タイトル。

原題の「Die brucke」というのは、英語で言うところの「The bridge」つまり「橋」ですね。

そういう意味では59年の邦題は、極めて原題に忠実に付けられていたと言えます。

そして、リメイク版…「1945戦場への橋―ナチス武装戦線―」。



…何でしょうね、このタイトル。

こう言ってしまうのもなんですが…あまりのセンスのなさに驚愕してしまいますが。

1945とか…ナチス武装戦線とか…どう考えてもタイトルで損してます。

確かに、「橋」ってタイトルもあんまりと言えば、あんまりにもストレートすぎますが…それでもこれよりはまだマシですよね。

こんなタイトルにするなら、いっそ「The bridge」とそのままいってしまうか、英語タイトルに抵抗があるなら、もう「Die brucke」でいいと思います。

ドイツ語は確かに馴染みがないとは思うんですが…こんなシンプルなら、そう気にもならないでしょう。

とにかく、色々な点で損をしている作品であるのは間違いないです。

個人的には、リメイク版を見て貰って、内容を気に入ってもらえたなら、そのままオリジナル版も見ていただきたいな、と思う作品です。


Category: 猪上   Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

オススメ戦争映画 Vol.6『黄色い星の子供たち』。

どうも、猪上です。

オススメ戦争映画、第6段は「黄色い星の子供たち」です。

2011年、フランス。
原題「La Rafle」。

ローズ・ボッシュ監督作品…と言っても、猪上はこの監督の他の作品を知らないのですが。

味方だと思っていたフランスに検挙されて、収容所に送られたユダヤ人たちのお話…ヴェル・ディヴ事件を映画化したものです。

この映画も当然、賛否が別れたわけですが、否定的な意見としては「フランスの言い訳映画だ」という意見が多いようです。

つまり、「フランスはユダヤ人差別とかしたくなかったんだよ。ドイツに言われて仕方なくやったんだよ。ほら、こんなに良いところが沢山あるでしょ?」って言いたい映画だ、ということみたいです。

まぁ、この意見も全く理解できないわけではないのですが…そんなに美化して描かれているとも思いませんし、そもそもヴェル・ディヴ事件を扱っている時点で、ある程度、自罰的な作品だと思うのですが…割と辛めの方が多いのでしょうか。

実際、パリでの検挙数が規定数に達しなかった背景には、パリ市民の協力があったのでしょうし、その辺りは一定の理解を示しても良いのではないですかね?…と猪上は思います。

まぁ、さておき。

この映画ですが、実は、キャストにあのジャン・レノが出演してるんですね。

しかも、主役ではないです。

でも、まぁ、正直、あの役は別にジャン・レノじゃなくても良かった気もします。

この映画のキャストと言えば、間違いなくアネット役のメラニー・ロランでしょう。

実在する人物、アネット・モノー役を演じたメラニー・ロラン…彼女の演技を見るだけでも、この映画は見る価値があると思います。

そして…ここから先はそこそこのネタバレを含みますのでお気をつけ下さい。


…いいですか?


では。


この映画を見て「感動した!」という意見をよく目にするのですが…正直、猪上は別に感動はしませんでした。

感動したと言えば、ストーリー中盤の消防士たちのカッコ良さくらいのもんです。

この意見もたまに目にするのですが、所謂「ありきたり」な部分は否めません。

ただ「良いお話」を求めるなら、同じヴェル・ディヴ事件をテーマに扱った「サラの鍵」を見た方が良いと思います。

では、この映画の何が良かったのか?と言うと、まず一つは先程も挙げましたメラニー・ロランの演技。

そして、もう1つが…ラストシーンの子供たちです。

ヴェル・ディヴ事件で検挙されたユダヤ人たちの中で、子供の生存者はいなかったと言われているので、この辺りも史実と照らし合わせるとどうなの?となりますが、それでも、猪上はこのラストシーンの演出が大好きです。

ネタバレをしてしまいますが、この映画のラストシーンで、戦後に生き残る子供がいます。

映画冒頭から登場している、この映画の主人公と言ってもいい子供たちです。

ストーリー中盤、収容所に送られてからも、子供特有の明るさや希望などを瞳に宿していました。

その子供たちの一人が生き残り戦後を迎え、大好きだったアネットと再会を果たし、抱き合うシーンがあるのですが…このシーンに映される子供の目に光がないんですね。淀んでるんです。希望がないんです。

戦争が無邪気な子供から光を奪ってしまったんだ…それをより顕著に現しています。

最後の最後にこのシーンを見て、反戦映画としての、この映画の価値を再認識しました。

そして、そのまま何かすっきりしない「膿」のようなものを含んだまま、この映画は終わります。

繰り返しになりますが、この映画は決して「感動作」ではない、と猪上は思っています。

後味の良い戦争映画なんてなくていい。

…なんて言うと反感を買うかもしれませんが、少なからずそういう気持ちはあります。

そういう作品を否定するわけではないですが…やはり「戦争」があった以上、どこかに「気持ち悪さ」が残るべきじゃないかなぁと思ったりするわけです。

Category: 猪上   Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

オススメ戦争映画 Vol.5 『ジェネレーション・ウォー』。

どうも、猪上です。

オススメ戦争映画、第5段は「Generation War」です。

2014年、ドイツ。
原題「Unsere mutter,unsere vater」。

原題は正確には綴りが違いますが、猪上のスマホからでは文字が出ないようなので、ご了承下さい。

あと、厳密に言えば、この作品は映画ではなく、ドイツで放送されたテレビ戦争ドラマです。

1本90分の全3話。

つまり、全編で4時間30分の大作です。

日本で「戦争ドラマ」と言うと、「話は悪くないけど、やっぱり映画に比べると安っぽさがなぁ~」なんて思われがちですが…この作品に関しては全くの杞憂と言っていいでしょう。

はっきり言って、そんじょそこらの映画なんかより遥かに素晴らしい出来映えです。

この270分という長さも全く気にならず、一気に全編見てしまいたくなります。

一部層からは「(ストーリーが)都合良すぎる」とか言われたりしてるようですが、個人的には全然許容範囲内だと思います。

このレベルでダメなら、もうドキュメント見た方が良いのでは?と。

さて、内容ですが。

この作品は主人公が5人います。

簡単に説明すると↓のような感じです。

○ヴィルヘルム…フリードヘルムの兄。ドイツ国防軍のエリート少尉。お互い口には出さないがシャーロットと両想い。

○フリードヘルム…ヴィルヘルムの弟。文学青年で戦争には否定的。だが、戦争が進むにつれ、その狂気に飲まれるようになっていく。

○シャーロット…野戦病院に志願する看護師。ヴィルヘルムと両想い。前線の野戦病院で様々な厳しい現実に直面する。

○ヴィクトル…仕立て屋さんのせがれ。グレタの恋人。主人公たちの中で唯一のユダヤ人。グレタの助けで出国を謀るが…。

○グレタ…ヴィクトルの恋人。歌手志望。恋人のヴィクトルを助けるため、ドイツ軍中佐の愛人になる。その流れで歌手としての活動も始めるが…。

…ざっと書くとこんな感じです。

つまり、5人が5人とも立場や環境が全く違うんですね。

そして、当然それぞれのストーリーを進めていくわけなんですが…

「あまりに色々やろうとして、どれも中途半端」。

…というのがよくあるパターンなんですが、この作品は本当に5つの話が全部バランスよく作られています。

全員のストーリーが魅力的で、全員が素晴らしいキャラクターをしています。

「こいつの話なくてよかったな」とか、「こいついなくて良くね?」みたいなことが全くありません。

実は、これは結構珍しいことなんじゃないかと思います。

例えば、同じ戦争映画で「ブラック・ブック」という作品があるのですが…これは正に「色々やろうとして、どれも中途半端」な結果になってしまった作品ではないかと思うんです。

基本的に面白い作品ではあるんですが、的を絞っていたら、もっと面白くなったのになぁと。

話が逸れました。

この「Generation War」は以前に紹介した「スターリングラード」の影響をかなり受けているんだろうなぁ(主にヴィルヘルムのストーリー)というのがよく分かります。

最終的には、幾分(本当に幾分)救いがある…のかなぁ…というラストを迎えるのですが、ラストの何とも言えない居心地の悪さ(良い意味で)が大好きです。

この辺は「黄色い星の子供たち」に通じるものがありますね。

シナリオの細かい点に関しては、ここでは割愛させていただきます。

何せ270分もあるので。

ただ、一言で言って絶妙。

少なからず恋愛要素も絡んでくるんですが、これがまた絶妙。

猪上の見た戦争映画でワースト1位に君臨する「パールハーバー」や、「無駄なラブシーンさえなければなぁ…」のジュード・ロウ主演「スターリングラード」のような、甘ったるい感じではないです。

ちょっとネタバレしますが…

シャーロットがヴィルヘルムに放った「何で生きてるのよっ!!」のシーンは素晴らしいです。

あの状態でシャーロットから、あの台詞をぶつけられたヴィルヘルムの心境たるや…。

ちなみに、この作品の登場人物の中で猪上が一番好きなのは、ヴィルヘルムの弟、フリードヘルムだったりします。

彼はねぇ~…いいですよね。

戦争の悲惨さや苛烈さを表現してますよね。

戦地に赴いてからの彼の人生が、そのもの戦争を具現化していると言って良いかと思います。

それでは、そのフリードヘルムが新米兵士から「生き延びる秘訣は?」と聞かれた時に答えた名台詞で締めたいと思います。

「…隣の兵に当たれと願う。いい兵士は臆病なものさ。」

プロフィール

SP@CE

Author:SP@CE
演劇ユニット『SP@CE』

奈良で活動する演劇ユニット。
2012年6月、始動。


2014年5月 第1回公演「CONNECT」無事、終了致しました。
ご来場いただいた皆様、本当にありがとうございました。


2014年5月現在、次回公演に向けて、役者・裏方募集中です!
詳しくは、下記カテゴリ『募集要項』をご覧ください!

お問い合わせ
http://form1.fc2.com/form/?id=744030

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。