演劇ユニット『SP@CE』

奈良で活動する演劇ユニット『SP@CE』の劇団員ブログ用ページです。 現在、劇団員(役者、裏方)募集中です!

Category: スポンサー広告   Tags: ---

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: 猪上   Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

オススメ戦争映画 Vol.1 『シンドラーのリスト』。

どうも、猪上です。

猪上のオススメ戦争映画、記念すべき(?)第1回目は、「シンドラーのリスト」です。

1993年、米。
原題「Schindler's List」。

あまり戦争映画に馴染みのない方でも聞いたことがあるんじゃないでしょうか?

スティーヴン・スピルバーグ監督の作品で、ホロコースト物としては、最も有名な作品の一つと言って良いと思います。

ナチス党員でありながら、数多くのユダヤ人の命を救った、オスカー・シンドラーという人物にスポットを当てた作品で、ほぼ全編白黒、実に200分くらいの長さがあるので、その時点で断念してしまっている方もいるかもしれませんね。

内容は戦争映画にしては、比較的地味な印象かもしれません。

所謂、ドンパチのシーンが殆んどないので、そういったシーンが苦手な方にも割と見易い作品ではないでしょうか。

なので、同監督の「プライベートライアン」等が好きな方にはあまりオススメしない作品と言えます。

この作品は、見ている200分の間に、登場人物の心情や信条がどんどん変わっていきます。

しかし、その移り変わりが極めて自然で、その中で変わりきれない信条や環境に揺さぶられている感情が分かりやすく描かれています。

ストーリー後半は感動必至…そんな作品です。

…うん。

ネタバレしないように語ると遠回しで伝わりにくいですね。

書けることも少なくなります。

このシンドラーという人は、杉原千畝と並べて語られることが多いですよね。

杉原千畝のことを「日本のシンドラー」と呼んだり、『いやいや、シンドラーが「チェコ(若しくはポーランド)の杉原千畝」と呼ばれるべきだろう』と言われたり。

「シンドラーのリストは嘘ばかりだ」なんて言われたりもしてますが…。

猪上はどちらもそれぞれで素晴らしい人物だと思うので、無理に優劣をつけたり、頑張って非難したりする必要はないと思うのですが…どうなんでしょうね。

日本人はどうしても杉原千畝贔屓になりがちな印象ですが…ドイツ占領下のポーランドにいるナチス党員が、ユダヤ人を助けるリスクや覚悟って凄まじいと思うんですよね。

そういう意味でもこの作品は…1度見ていただいて、他の色々なホロコースト映画を見た後、もう1度見ていただきたいな、と。

そうすれば、よりこの作品の良さが伝わるのではないかと思います。
スポンサーサイト

Comments


プロフィール

SP@CE

Author:SP@CE
演劇ユニット『SP@CE』

奈良で活動する演劇ユニット。
2012年6月、始動。


2014年5月 第1回公演「CONNECT」無事、終了致しました。
ご来場いただいた皆様、本当にありがとうございました。


2014年5月現在、次回公演に向けて、役者・裏方募集中です!
詳しくは、下記カテゴリ『募集要項』をご覧ください!

お問い合わせ
http://form1.fc2.com/form/?id=744030

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。